現在接種できるワクチンは下記に記したようにたくさんあります。

定期接種で無料のものと、任意接種で自己負担で行うものとありますが、予防接種で予防できる病気は本来平等にワクチンを受けてすべての子がかからないようにするべきです。
たくさんのワクチンを効率良く、予防効果の大きい時期に接種するためにきちんとスケジュールを立てましょう。

お気軽にお問い合わせください。
スタッフが年齢にあった接種スケジュールを提案いたします。

この際、過去の接種歴の確認が必要です。母子手帳を見て連絡してください。


予防接種はすべて予約制です。

医院にお電話いただいても、直接ご来院されても予約できます。

定期接種は一宮市在住の方は当院で無料で接種することができます。
市外の方でも愛知県内の方であれば自治体の発行する連絡票があれば当院で無料で接種できます。

予防接種に関する情報は下記のVPDのサイトがお役に立ちます。
※下記バナーをクリック

VPDサイトにあるワクチンスケジュールが役に立ちます。
当院サイトからもダウンロードできますのでご活用ください。

1歳未満  1歳以上

※生後2ヶ月から開始しましょう。
※同時接種をお薦めします。日本小児科学会では、ワクチンの同時接種は日本の子どもたちをワクチンで予防できる病気から守るために必須な医療行為であると考えています。腕(うで)以外に大腿(太もも)の外側に接種します。

予防接種にはあらかじめお電話での予約が必要です。

予防接種に関する注意事項
  1. すべて予約制です。
  2. 当日持参してい頂くもの:母子手帳、予防接種問診票、保険証、乳児医療証をお持ちください。
  3. 当日出かける前に、熱を測って来てください。熱のある方は接種できません。
  4. ロタウィルスワクチンを飲まれるかたは、来院前1時間半前は授乳を控えてください。
    (おなかがいっぱいだと上手にワクチンを飲んでくれません)
  5. ワクチン接種は 予防接種外来の水曜、金曜の午後2時から3時半のあいだに行います。
    (1歳未満の乳児の方はこの時間帯がお勧めです)(BCGは金曜日に接種しています。)
    また水、金、土の午前中、月、火、水、金の午後の診療時間内にも時間予約で行っています。
  6. 一宮市以外の方で愛知県内で接種希望の方は自治体の発行する連絡票を取ってから予約してください。
    問診票も各自治体のものを使用しますので、当日お持ちください。
  7. 季節性インフルエンザと他のワクチンの同時接種は行っていません。

 

ワクチン一覧
  1. Hib(ヒブ)
  2. 小児用肺炎球菌
  3. ロタウィルス
  4. 四種混合(DPT+ポリオ)
  5. 不活化ポリオ(三種混合ワクチン+ポリオワクチンで接種した方でポリオが終了していない方)
  6. B型肝炎
  7. BCG
  8. MR(麻疹・風疹混合)
  9. 水痘
  10. おたふくかぜ
  11. 日本脳炎
  12. 二種混合(DT)
  13. 季節性インフルエンザ(10月中旬から翌年1月に接種)
  14. 子宮頸がんワクチン*  ※子宮頸がんワクチンは厚生省からは 平成25年6月から積極的な接種勧奨を差し控えることになっています。

ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)接種のおすすめ——あさのこどもクリニックからのメッセージ

ヒトパピローマウイルスワクチン(以下HPVワクチン)は、性交渉によって感染し、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)を防ぐワクチンです。世界の70か国以上で定期接種の対象となっており、日本でも2013年から定期接種化されています。小学6年生から高校1年の女子が対象で、計3回の接種を受けられます。HPVワクチンについては、持続的な痛みや運動障害などの有害事象の報告がメディアから繰り返し報道されたのち、ワクチンの積極的な接種の勧奨が中止され、接種が普及しない状況が続いています。

 この6年間に実施された調査で、日本国内でHPVワクチンを接種した人の中に持続する痛み、運動障害、不随意運動、その他多彩な症状が報告されていますが、同様の症状はワクチンを接種していない同じ世代の女性や男性にも報告されており、ワクチンによって起こったという因果関係はありませんでした。3万人のデータを解析した名古屋スタディという研究がこれを証明しており、WHO(世界保健機関)をはじめ、世界中でHPVワクチンは安全なワクチンとして認められています。

また問題になっている有害事象の多くは機能性身体症状*(何らかの身体症状があり、その身体症状に合致する検査上の異常や所見が見つからず、原因が特定できない状態)と言われるもので、認知行動療法といわれる治療法などで軽快することがわかっています。ワクチンが症状発症のきっかけになった可能性は否定できませんが、万一症状が認められた場合でも、予防接種法に基づく国による救済がしっかり行われます。

国外では、HPVワクチンの定期接種により子宮頸がんの前がん病変の明らかな発生減少が複数の国々から報告されています。ワクチンが導入され10年が経過し、前がん病変の発生減少だけでなく、子宮頸がんの発症が減っていることもわかってきています。

 

一方日本では年間10,000人が子宮頸がんにかかり、それにより毎年約2,900人が亡くなっている重大な疾患です。特に、20-40歳台の若い世代で増えています。

予防接種に関係のある国内の学術団体(日本小児科学会、日本産婦人科学会、他)ではHPVワクチンの積極的な接種を推奨しています。

これらの状況を踏まえ、当院ではHPVワクチンの接種をおすすめします。

 

 

 

 

 

ワクチンの種類
生ワクチン

不活化ワクチン

生ワクチン
ロタウィルス、BCG、MR(麻疹・風疹混合)、水痘、おたふくかぜ
生ワクチン接種後は次のワクチンまで4週間(中27日)以上あける必要があります。

不活化ワクチン
Hib(ヒブ)、肺炎球菌、四種混合、B型肝炎、日本脳炎、二種混合、季節性インフルエンザ
不活化ワクチン接種後、次のワクチンまで1週間(中6日)以上あけます。

定期接種

任意接種

定期接種
法律に基づいて行われる予防接種。公費負担
Hib(ヒブ)、肺炎球菌、B型肝炎(平成28年10月1日~)、四種混合、BCG、MR、水痘、子宮頸がん

任意接種
公費負担にはなりませんが病気の予防のために接種してほしいもの
ロタウィルス、おたふくかぜ、季節性インフルエンザ、定期接種の年齢を過ぎた児のB型肝炎


乳幼児健診
1ヶ月健診 生まれた産院、または病院の小児科で行います。
3-4ヶ月健診 市町村の保健センターで行います。出生後の体重の増え、股関節脱臼の有無、首のすわりなどの発達をみます。
1歳半健診 市町村で行います。一人で歩けるか、そのほかの発達などを診ます。歯科検診もあります。
3歳健診 市町村で行います。
当院での乳幼児健診

<対象>

6〜11ヶ月:受診票のある方は無料で受けられます。
※上記以外の年齢でもご希望があれば有料にて行います。料金はお問い合わせください。

実施日と時間:水曜日の午後2時から

完全予約制となります。病気の方はご遠慮ください。

<ご持参いただくもの>

保険証、乳児医療証、母子手帳、乳児健康診査受診票(県内で発行されたものがある方)
内容 : 計測、診察、腹部エコー、ビジョンスクリーナーによる目の検診、育児相談

スケジュールが合えばヒブ、肺炎球菌、四種混合などの予防接種と同時に行うこともできます。

お気軽にお問い合わせください。0586-67-1088診療時間に合わせてお問い合わせください。 木曜・土曜午後休診 日・祝日は休診です。