B型肝炎ワクチンについて

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種となりました。

赤ちゃんがB型肝炎に感染すると、キャリア(持続感染:ウィルスを体内に保有した状態)になりやすく、将来、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんに進行する危険性が高くなります。B型肝炎ウィルスの感染を防ぐには予防接種を受けることが有効です。

<接種対象者> 生後2か月から1歳未満の児

<標準的な接種期間> 初回接種:生後2か月以降。2回目は1回目から27日以上の間隔をあけて接種。3回目(追加接種)は1回目から139日以上の間隔をあけて1(初回から20週目の同じ曜日は可)接種します。
上記該当者以外の方は任意接種となりますが、世界的にはユニバーサルワクチンとして、多くの国で定期接種されています。まだ接種していない方は是非接種をお願いします。

任意接種

<対象者> 1歳以上の小児、医療従事者など 

<接種方法> 3回接種します。初回接種後4週間あけて2回目、初回接種から20~24週あけて3回目の接種を行います。

ワクチン接種量 10歳未満  1回0.25ml

        10歳以上  1回0.5ml