9月5日から9月10日までのクリニックでの感染症発症状況

 手足口病が5例、感染性腸炎が1例あり、11歳男児でキャンピロバクターが検出されました新型コロナ感染症は22例と減少しました。未就学児6例、小・中学生12例、成人が4例です。新型コロナは感染力が強く、家族で一人が感染すると2-3日で他の家族に感染し、全員という例もよくあります。また、2度目の感染をした方もあります。ワクチン接種により実際に感染するより抗体価が上昇することが知られています。小児も積極的にワクチン接種を考慮してもいいと思います。新型コロナにかかったあとも4週間あけて接種可能となっています。