6月22日から6月27日までのクリニックでの感染症発症状況

 感染性腸炎が6例ありました。
先週発症の感染性腸炎で2例に病原菌の検出を認めました。1例はキャンピロバクター、もう一例はエルシニアを検出しました。いずれも症状はすぐ軽快しています。下痢が長く続く場合や発熱、血便を伴う時は便の培養検査を実施し、抗生剤の内服が必要なことがあります。