おたふくかぜで2年間に336人が難聴に!

 (9月の新聞記事から)

子供を中心に流行するおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)にかかり、一時的なものも含め、難聴となった人が2年間で少なくとも336人に上ることが日本耳鼻咽喉科学会の調べで分かった。これまでも難聴になる危険性は指摘されてきたが、全国調査で規模が明らかになるのは初めて。同学会は「静観すべきではない」として、現在接種率が低いワクチンの定期接種化を厚生労働省に要望する意向を示した。

 同学会は、全国の耳鼻科約5600施設を対象に(回答率64%)、平成27年から2年間のおたふくかぜの難聴への影響について調べた。

 難聴になった336人に症状の重さなどを聴いたところ、約8割の261人が高度の難聴になったことが判明。両耳とも難聴となった14人中11人が日常生活に支障が出たため、補聴器を使ったり、人工内耳を埋め込んだりしたという。特に子供への影響が大きく、難聴になったのは、10歳未満が151人、10代は69人で、未成年者が65を占めた。

同学会によると、日本は先進国で唯一、ワクチンが定期接種化されていない。接種率は30~40%と低迷しており、「園や学校での大流行の原因となっている」という。同学会の守本倫子(のりこ)乳幼児委員長は「『(おたふくは)自然にかかっておいた方がいい』という噂は間違っている。ワクチンの定期接種化を進め、難聴になって後から苦しむ人をなくしたい」と話していた。

是非おたふくかぜワクチンを受けましょう!

 ワクチンは任意接種で有料ですが、是非受けてください。1歳以上が対象です。MRワクチン、水痘ワクチンなどとの同時接種も可能です。できれは1歳と3-4年後の2回接種がお勧めです。インフルエンザワクチンを予定している方は11月、12月のインフルエンザワクチンの接種が終了してから接種してください。